「箸方化粧品のじぇる」を化粧品商品開発のプロに評価してもらいました!敏感肌の私が1年使った口コミも♪

箸方化粧品アイキャッチ

aiko

@cosmeなどの口コミで敏感肌女性に密かに人気の箸方化粧品。

何と言っても、ドクターズコスメとは思えない驚きの安さが魅力です♪

皮膚科医監修のいわゆるドクターズコスメには、安心して使えたり、効果が高いイメージがある反面、価格が高くて続けにくいと感じる方も多いのでは無いでしょうか。

基礎化粧品は安全で良いものを使いたいけど、お金はあまりかけたくないと思っていた敏感肌持ちの私は、片っ端から基礎化粧品を調べた結果、今回ご紹介する「箸方(はしかた)化粧品」を発見しました。

aiko

箸方化粧品に興味があるけど、ちょっと心配と思っている方に向けて箸方の安さの理由を解説します。さらに化粧品商品開発のプロの方に製品(じぇる)を評価してもらいました。
敏感肌の私が実際に1年使ってみての商品レビューもご紹介します。

箸方化粧品(はしかた)とは?

皮膚科医監修のドクターズコスメ

箸方化粧品は、大阪市豊中市にあるはしかた皮膚科クリニックの院長、横井葉子さん(旧姓 箸方さんだそう)がプロデュースしたドクターズコスメです。

1989年の開業以来、皮膚科と美容皮膚科の診療を行っている女医さんがプロデュースしていることから、安心して使用できると口コミで評判なのです。

どんな商品があるの?

箸方化粧品一覧

上の画像にある14点が箸方化粧品の全商品です。(2018年現在)

基礎化粧品のみのシンプルなラインナップで、見ておわかりの通り、価格帯もかなり抑えめです。

お手入れのステップや必要なアイテムは、下の画像を参考になさって下さいね。

箸方化粧品ご使用順序

箸方化粧品はどうして安いの?

箸方化粧品はドクターコスメらしからぬ「価格の安さ」が大きな魅力となっています。

例えば、次の商品を使うとして計算してみましょう♪

  1. 化粧落とし(500円)
  2. うるおい石鹸(300円)
  3. 薬用美白化粧水(1,000円)
  4. じぇる(500円)
これで合計、2,300円(税込)です。(別途送料がかかることがあります)

aiko

2ヶ月程度使えますから、1ヶ月当たり1,150円程度とリーズナブルです♪

美容液をプラスしたとしても月に1,000円追加するだけでOKですね。

大切な肌に直接付けるものですから、安さの根拠も気になるところ。

箸方化粧品の商品が安い理由を分析してみました!

一般的な化粧品メーカーとは一線を画す、独自の経営方針が影響しているようです。

広告宣伝費をほとんどかけていないから安い

箸方化粧品ホームページ

箸方化粧品のホームページは、パッと見、化粧品メーカーとは思えないシンプルさでタレントやモデルを多用する一般的な化粧品メーカーのホームページと比べるとかなりのギャップがありますよね。

CMやポスターなどの広告宣伝も行っていませんし、メールマガジンやDMなども送られてきません。

インターネット上のテキストやバナー広告などもありません。

商品を購入した際に唯一同梱されてくるカタログも、非常にシンプルなものです。

定番商品のみ販売し、シーズンごとの新商品発売が無いため、カタログを刷新する必要もほとんど無いのでしょう。

このように一般的な化粧品メーカーで行う広告宣伝活動を行っていないために、広告宣伝費が価格に上乗せされていないのです。

aiko

それでも売れているのは、”製品が良い”から♪

広告にお金をかけなくても結果的に@cosmeなどの口コミで人気が出ているんです。

さらにドクターズコスメ人気も、追い風になっていると思われます。

パッケージがシンプルだから安い

一般的な化粧品は、思わず手にとってみたくなるような素敵なパッケージデザインですが・・

箸方化粧品は超シンプル包装!

商品の外箱が無く、商品がそれぞれ透明フィルムに包まれている必要最低限の包装に留められています。

箸方化粧品パッケージ

パッケージ自体もお世辞にもオシャレとは言い難いデザインなので、使うときにテンションが上がるようなことはありません!(笑)

箸方じぇる

デザインに関する費用があまりかかっていないため、価格が抑えられると考えられます。

aiko

好みの容器に詰め替えて使うのも良いかもしれませんね♪

実店舗が1箇所のみ&直売のみだから安い

箸方化粧品には実店舗が一箇所(京都市内)しかありませんので、店舗運営に関するコストが少ないのも安さの理由です。

通販主体でコストを抑えていますし、中間業者を挟まない直販のため、余計な中間コストが発生していません。

化粧品商品開発のプロがじぇるの成分をチェック

aiko

箸方化粧品の安全性を確認するため、今回、某化粧品メーカーで商品開発を行っているSさんに成分をチェックしてもらいました。

Sさんは国内外のエステサロンなどで使用する業務用化粧品の開発や企画をしている、化粧品のプロです。

今回は箸方化粧品の人気商品の美容クリーム”じぇる”の成分をチェックしました。

Sさん

「じぇる」はジェル状の美容クリームで、@cosmeでも高評価を獲得している箸方の人気商品です。

じぇる美容成分

箸方のホームページに全成分が公開されています。
じぇる全成分

成分チェックの結果

続けてSさんの成分チェックコメントをご紹介します。

全体的に刺激が少ない

基本的に刺激が少なく、保湿重視の処方になっています。

ものすごく優れた成分が入っているかというとそうではないけれども、刺激が少なく保湿はしっかり行えますし、価格に対するパフォーマンスも十分評価できます。

Sさん

少量ではあるもののアルコールが含まれているので、アルコールでかぶれる方は避けた方が良いそうです。

サラッとした使用感にするためにシリコンが配合されている点が気になる方はいるかもしれませんが、安全に使用できるとのことです。

低刺激ビタミンC誘導体が配合されているのがポイント

即効性の高い水溶性ビタミンC誘導体は、敏感肌には刺激になり赤みやピリピリとした痛みを誘発しやすいそうです。

じぇるでは、低刺激ビタミンC誘導体(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)を使っているため、そういった刺激が少ないとのこと。

低刺激ビタミンC誘導体は効き目はゆっくりではあるものの、継続して使えば肌の正常なターンオーバーやコラーゲン生成を促すなど、肌機能をサポートしてくれます。

Sさん

保湿以外にも期待できる効果について

じぇるは保湿重視の処方になっていますが、保湿以外に効果がある成分もSさんに確認したので、一覧でご紹介します。

成分名期待できる効果
アスタキサンチン抗酸化作用
ハマメリスエキス抗アクネ剤、収斂作用
ヒドロキシプロリンコラーゲン生成作用
マロニエエキス抗糖化、収斂作用
メマツヨイグサ種子エキス抗酸化作用
ローヤルゼリーエキスシミシワに効果
ポリクオタニウム-51リフトアップ効果
カンゾウ葉エキス抗炎症、美白(メラニン生成抑制)
キュウリ果実エキス抗炎症作用
セイヨウキズタ葉/茎エキス肌荒れ防止、収斂作用
セイヨウニワトコ花エキス収斂、消炎作用
ゼニアオイ花エキス皮膚柔軟化作用
アルニカ花エキス血行促進・抗炎症作用
オウバクエキス抗菌作用
パリエタリアエキス抗炎症、収斂作用

この値段で販売できるのは企業努力あってのこと

箸方化粧品は”薄利で良い商品を販売しているのがすごいですね。

一般的な化粧品メーカーでは、もっと利益の出る価格設定にせざるを得ないところを、努力してコストを抑え、誠実にものづくりをしているのがわかります。

Sさん

じぇるも値段に対して効果は十分で、安心して使えると太鼓判を押していただきました。

総合評価
美容成分としては、低刺激の油溶性ビタミンC誘導体であるテトラヘキシルデカン酸アスコルビル、皮膚の保護成分としてセラミド3、スフィンゴモナスエキス等を配合。

抗酸化成分としてアスタキサンチン、メマツヨイグサ種子エキスを配合、ローヤルゼリーやヒアルロン酸、トコフェロール等も贅沢に配合されている。

全体的に低刺激の成分で構成された敏感肌にオススメの低刺激保湿クリームと評価できる。

じぇるの口コミ、1年使ってみてのレビュー

aiko

私が実際にじぇるを約1年使用してみて、感じたことを参考までにご紹介します。

じぇるの良いところ♪

保湿力が高い

Sさんの成分チェックでも触れていたように、じぇるは保湿効果が高く、アラフォー敏感肌の私の肌でも、化粧水と少量のじぇるだけで十分に潤いを実感できています。

これで1個500円は、かなりの高コスパなので、何度もリピートしています。

使い心地が気持ち良い

じぇるは半透明で、ゲル状のプルプルしたテクスチャー。

じぇるテクスチャー

ひんやりと気持ち良い感触で、適量を使用すればベタつきません。

刺激が少ない

無香料、無着色で、肌の負担になる成分が少ないので、1年使っていますが季節の変わり目や、生理前後などの肌トラブルが起きやすい時期でも、特に問題無く使用できています。

じぇるに関して不満に思うところ

コスパ最高のじぇるですが、個人的に不満に思う点も挙げておきます。

スパチュラが付いていない

じぇるには、スパチュラ(ヘラ)が付いていません。

直接指を容器に入れてしまうと衛生面が心配なので、スパチュラを別に用意して使用しているので、その点はマイナス評価です。

見た目が地味すぎる

箸方の商品全般に言えることですが、パッケージがとても地味で、使うときにテンションが上がりません。

しかし、だからこそ価格が抑えられている面もあるので、ここは妥協点と言えそうです。

どこで買えるの?

公式ホームページ

箸方化粧品公式ホームページで、全商品をオンライン販売しています。

送料について

8,000円以上買い物をすれば送料無料ですが、8,000円未満の場合は送料がかかります。

※届け先の地域により以下のように送料が異なります。
箸方化粧品送料

aiko

そもそもの商品価格が安いので、送料が妙に高く感じます笑

そして安さゆえ、8,000円以上買うのが意外と大変!

私はそのとき必要な分のみ購入して、送料は割り切って支払っています。

それでも普通のドクターズコスメを買うよりずーーーーっと安いんです♪

京都の直営店舗

箸方化粧品の唯一の直営店舗が京都市にあります。

はしかた四条烏丸

住所  :〒604-8152 京都市中京区手洗水町650
販売時間:10:00~18:00
定休日 : 土曜日・日曜日・祝日

はしかた四条烏丸店舗
(地図と写真は公式ホームページからお借りしました)

aiko

意外と(失礼!)オシャレなお店ですね。いつか行ってみたいです♪

デパートの催事

不定期に東京などのデパートの催事に、箸方化粧品が出店することがあるそうです。

予定をチェックできるところがあればご紹介したいところなのですが、残念ながら箸方化粧品のホームページには案内がありませんでした。

amazon

amazonでも箸方化粧品の商品を一部購入することができますが、公式販売ではなく箸方化粧品とは別の業者が販売しているようです。

箸方化粧品amazon

amazonで購入する場合は、公式ホームページとの価格差に注意!

例えば、箸方の公式ホームページでは、じぇるは税込500円なのですが、amazonでは1,380円というように、価格差がかなりあります。

amazonでは2,000円以上対象商品を購入すると送料が無料になりますが、送料がかかったとしても公式ホームページで購入する方がどの地域にお住まいでも安くなります。

aiko

個人的には公式ホームページでのお買い物をオススメします♪

パッケージと送料には目をつぶって・・

皮膚科の先生が監修して、安全な成分で作られている箸方化粧品。

しかも安い!

非常に良心的な化粧品メーカーで、敏感肌の救世主と言えそうです。

パッケージの地味さと、購入金額によっては送料がかかる点だけ目をつぶることができれば、とても使い勝手の良い基礎化粧品だと思います。

aiko

気になる方はまずは”じぇる”だけでも試してみて下さいね♪