ダイソン扇風機は分解してまで掃除する必要ある?普通の掃除方法と比較してみた

ダイソン扇風機の掃除

ナマケン

ダイソンの羽根のない扇風機を使っているのですが、今年の夏も使おうと出してみたら空気を吸い込む吸気口にホコリがビッシリ

すき間もないくらい目詰まりしていて気持ち悪かったので、3年目にして初めて掃除をすることにしました。

使っているダイソン扇風機は息子が寝る部屋で使っていることもあって、もしホコリにカビも混じってたら嫌だなと思って全体的に掃除することにしました。

ダイソンの公式サイトを見ても、掃除方法については「吸気口を掃除機で吸って、外側をぞうきんで拭く」くらいの解説しかありません。

試しに掃除機で目詰まり吸い取ろうとしてみても「まったく取れない!」

もしかしたら吸引力の強いダイソン掃除機なら吸い取れるのかもしれないけど、マキタのコードレスしかない我が家では無理でした。

なので、自己流で、

  1. 分解しないで掃除する方法
  2. 分解して掃除する方法
の2パターンを試してみました。

この記事を見て、分解してまで掃除するかしないかを決める参考になればと思います!

ちなみに使っている扇風機の正式な名前は「Dyson AM06 テーブルファン」です。

まずは分解しないで掃除してみた

ダイソンの扇風機を分解しないで洗えるのは、

  1. ヘッド部分
  2. 吸気口の目詰まり
  3. 本体上部の届く範囲
の3箇所となります。

(1)ヘッド部分は全部プラスチックだから水洗いOK

ヘッド部分

ヘッド部分の掃除が一番簡単なので、まずはここから整理していきましょう!

ヘッド部分は最初から取り外しできるようになっているので「分解」というわけではなく、普通に取り外せます。

するとヘッド部分の中にもホコリが薄く張り付いていると思います。

このヘッド部分は実は全てプラスチックです。

なのでお風呂場に持っていってシャワーで流した後に乾かせば、もう掃除完了です!

(2)吸気口の目詰まりを頑張って取る

吸気口の目詰まり

続いて最もどうにかしたい「吸気口の目詰まり」部分です。

上の写真は掃除が終わった後のものなのですが、それでもこんな感じです。

掃除する前はもっとビッシリとホコリが詰まってました。

「吸気口の目詰まり」に対しては、まずは、

  1. 掃除機で吸い込む
  2. ガムテープ

という方法を試すも、目詰まりが頑固すぎてほとんど取れませんでした。

次に「つまようじ」でとにかく突っつくという方法を試してみました。

超古典的で地味な方法ですが、頑張れば上の画像くらいにまでは目詰まりは解消します。

ただ、つまようじで突かれたことによって取れるホコリの塊は、ダイソン本体の内部にどんどんと落ちて溜まっていってしまいます。

目詰まりが取れると言ってもさすがにこのままでは気持ち悪さは残りますよね。

なので最後にダイソンを逆さに持って、これまた古典的にパンパンと叩きます。

ナマケン

かなりホコリが落ちてくるのでお風呂場や外庭でやることを推奨します!

これで「吸気口の目詰まり」についても8~9割方は綺麗になりました。

分解しても内側から吸気口を綺麗にできません

ちなみに分解編のネタバレになってしまうのですが、先に結論だけ。

MEMO
分解しても結局、吸気口の内側まで手が届かない仕組みになっていて、内側から拭いて掃除することはできませんでした。

なので「吸気口の目詰まり」については、上の地味で古典的な方法に頼るしかないという結論になります。

(3)本体上部を届く範囲で掃除する

本体上部の掃除

ダイソン扇風機のヘッド部分を取り外したら、本体側の上部は上の画像のような感じになっていると思います。

上の画像は掃除後ですが、掃除する前はここにもホコリがビッシリと付いていました。

まずは掃除機でホコリを吸い取って、雑巾で取れる範囲のホコリを取りましょう!

その後、さらに奥の方のホコリが気になると思うので、水で濡らした綿棒などで地味に取っていきます。

それでも綿棒を使うだけだと、下の写真のようにどうしてもホコリが残ってしまうと思います。

ホコリが残る

ただ、分解しないで掃除できるのはここまでとなります。

この部分を水洗いして綺麗にする為にはネジを8本外して分解するしかありません。

興味ある方は次の分解編へお進みください!

MEMO
ですが先程も結論を書いた通り、分解してももう少しだけ掃除できる箇所が増えるだけで、「吸気口の目詰まり」を内側から掃除することはできません。

無理に分解しないでも、届く範囲で掃除するだけでも良いと思います。

次に分解して掃除してみた

次に分解編に入っていきますが、ネジは全部で8個外すだけですので、そこまで難しい分解ではありません。

分解して掃除できるのは、

  1. 本体上部から見えるプラスチックパーツ3つ
  2. 中に入っているファン
です。

期待していた「吸気口の目詰まり」については、残念ながら分解しても吸気口の内側までは手が届かない仕組みになっていました。

また分解すると公式のサポートが受けられなくなったり壊れてしまう可能性もありますので、そのあたりは自己責任でお願いします!

ダイソンのネジはT8という星型の形をしています

ダイソンのネジ

分解しようとするとすぐに「アレっ」となると思います。

ダイソンで使われているネジはプラスやマイナスドライバーで開けられるものではなく、T8という星型のトルクスネジが使われているからです。

なので開けたり閉めたりするにはトルクスドライバーが必要となります。

うちには無かったので、今回の為にT8が入っているトルクスドライバーセットを購入しました!

値段は送料込みで千円くらいです。

1個目のネジを外す

1個目のネジ

トルクスドライバーにT8の先端をセットしたら、分解していきましょう!

まず上の画像の赤枠で囲われている部分のネジを外していきます。

トルクスドライバーでまわす

最初のパーツを取る為に必要なのはこのネジ1個だけです。

すると下の画像のように枠の部分のパーツが取れます。

これがプラスチックパーツの1個目です。

プラスチックパーツ1個目

2~4個目のネジを外す(3個)

青枠のネジを3つ外す

次に上の画像で青枠で囲われている3つのネジを外します(ちょっと見づらいですが)。

すると下の画像のように2個目のプラスチックパーツが取れます。

プラスチックパーツ2個目

5~8個目のネジを外す(4個)

ネジを4つ外す

ネジ外しの最後として上の画像の黄色で囲われている4つのネジを外していきます。

このネジを外すと分解しなかった時は掃除が大変だった、3個目のプラスチックパーツを取り外せます。

3個目のプラスチックパーツ

3つ合わせて一気に水洗いできるので、分解は面倒ですが掃除は簡単です!

ここで8個のネジを全て外し終わったことにもなります。

中に入っているファンを掃除しよう!

分解途中

3つのプラスチックパーツが取れた状態は、上の画像のようになっていると思います。

ちょっと怖いですがコードを引っ張りすぎないように気をつけて、この部分をめくると裏側にファンがあります。

ファン

ファン部分は下とコードでつながっているので、取り外しができません。

なので手で持ちながらファン部分を掃除していきましょう!

ファンの内側はやはり水で濡らした綿棒などで掃除するのがやりやすいと思います。

分解の限界編

ファンの下部分

上の画像はファンを手で持ち上げた状態です。

あとは下に見えている白いプラスチック部分をめくることができれば、吸気口の内側までたどり着きます。

ですが、どうやってもこの白いプラスチック部分を取り外すことができませんでした

おそらく無理にやれば少しだけ見えているコードがブチッと切れてしまうと思われます。

なのでこの段階で分解を終了することにしました。

ナマケン

分解すれば吸気口を内側から掃除できて目詰まりをスッキリ解消できると思っていたので、少しガッカリ。

ダイソンの扇風機を分解してまで掃除するかどうかのまとめ

結局、分解しても吸気口の目詰まりには意味がなかったので、分解は家にトルクスドライバーがある方なら3年に1回くらいで良いかなというのが率直な感想です。

そして、毎年の掃除はヘッド部分を取り外して届く範囲で掃除するだけで良さそうです。

どうしても吸気口の目詰まりが気になったら、その時は地味につまようじでつついてやるしかないことには不満は残りますが、とりあえずそれでも解決はできるのが救いだと思いました。

以上、分解に興味ある方の参考になれば幸いです!