食洗機を設置したいのに分岐水栓を取り付けできない時の解決策

食洗機

アベッチ

賃貸マンションのキッチンに付いていた水道がなんと食洗機用の分岐ができないタイプでした。

一度は食洗機の設置を諦めていたものの、どうしても使いたくて改めて調べてみたら解決策が見つかり無事に設置できました

同じ問題に悩んでいる方も多いと思いこのページに解決方法を書きましたので、参考になれば幸いです。

食洗機用の分岐ができない水道で諦めた過去

分岐水栓できない水道

この記事を書いている約4年前から、とある賃貸マンションに住んでいます。

ビルトインの食洗機が付いてない部屋だったので、置くタイプ(卓上)の食洗機を使おうと考えていました。

引越し後、少し落ち着いてからキッチンの水道の型番を調べるとタカギというメーカーの「JK100MN」ということがわかりました。

次にタカギのホームページでその型番について調べてみたら「食器洗い乾燥機対応」の項目に×印が。。。

食洗機に対応してない

「今どき、食洗機に対応してない蛇口なんてあるの?」と不安になりながらも、詳細を確認する為にタカギのサポートに電話して聞いてみると、

JK100シリーズは分岐水栓を取り付けられません

オペレーター

アベッチ

ガーン!!!

という流れがあって、そこから3年半も食洗機を諦めて生活していました。

やっぱり食洗機を使いたい!

俺のホットクック」の情報収集の為に河内瞬さんのブログを見ていたら、食洗機の記事もたくさんあってついつい読んでしまいました。

食洗機はめちゃくちゃ便利!この便利さをイマイチ理解できていない人達へ【Q&A編】

そして上の記事を見て、食洗機を使いたい欲が再燃してしまって、改めて検索エンジンで調べ直してみました。

すると、
「他社で分岐水栓が取り付けできないと言われた場合もご相談ください」
と書かれている業者のホームページが見つかり、

アベッチ

「もしかしたら業者さんにお願いしたらできるのかも?」と期待が高まってきました。

「3年半も我慢せずにもっと早く業者さんに相談すれば良かった」と一瞬思いましたが、とにかく本当に食洗機が設置できるのか確認するべくその業者さんに連絡してみたのです。

すると、、、

水栓交換なら食洗機を設置できる!

その型番は分岐水栓がないから水栓交換になりますね

水道業者

水栓交換
水栓交換。。
水栓交換。。。

賃貸に住んでいることもあって、その発想はありませんでした!

水栓交換というのは、飛び出ている水道(蛇口)を根本から交換することです。

水栓交換

この方法なら食洗機を設置できることがわかり、一気に話を進めることになりました!

水道業者さんとの打ち合わせ内容

後日、業者さんに自宅まで来てもらって、実際に水道を見てもらいました。

そして、水栓ごと変えれば間違いなく食洗機を設置できることが確認できたのです!

業者さんに支払う作業料は一律で1.5万円(税抜)で許容範囲内です。

しかも、一律なので、

  • 水栓の交換
  • 食洗機の取り付け
両方やってもらっても料金は変わらないのも助かりました。

次に新しい水栓をどれにするかを決める話に進んだのですが、ここで少し問題がおきました。

水栓の値段が思っていたよりも高かったのです。

水栓はネットで購入する方が安い

水栓選びにおける我が家からの条件は1つだけで、キッチンで使うものなので飛び跳ね防止の為に「シャワーへの切り替え機能」だけは付いていて欲しいと伝えました。

※値段が安いものはシャワー機能が付いていないものも多く、選ぶ時に盲点になりやすいのでご注意ください

まず業者の方からおすすめの水栓を提案してもらったのですが、業者割引き価格での提案にも関わらず、水栓だけで、

  • 35,000円
  • 41,000円
  • 50,000円
という価格(税抜)になっていました。

そこからさらに作業料1.5万円と消費税も加算されます。

「シャワーが出る一番安いタイプでも水栓で3.5万円は高すぎない?」
と思ったので、3.5万円の型番を聞いて、持っていたスマホでササッと調べてみました。

そして、

アベッチ

ネットだと18,750円で売ってる
ということに気づいてしまったのです。
※我が家が選んだ水栓

それを率直に業者さんに伝えると、その業者さんとても良い人で、

うちも定価(5万円)よりは安くしてるのですが、ネットには敵わないですね。

水栓はネットで買ってうちは取る付けるだけでも可能ですよ

水道業者

と、より良い解決策を教えてくれました。

どうやら、話がややこしくなるので業者さんからお勧めすることはないそうなのですが、聞かれたら隠さず教えてくれるというスタンスみたいです。

私が購入したTKGG31ECHという水栓(混合栓でシャワー切り替え付き)の価格についてまとめると、

  • メーカー定価:50,400円
  • 業者の割引価格:35,000円
  • ネット:18,750円
となり、ネットで変えば業者経由で購入するよりも16,250円(税抜)も安く済ませることができます。

1.5万円が業者に支払う作業料なのでお得さがわかりますよね。

というわけで、水栓に関しては、

  1. 自分でネットで購入して(18,750円)
  2. 取り付けは業者さんにお願いする(15,000円)
という段取りでいくことに決まりました。

うちと同じように、食洗機設置の為に水栓交換される方はネットで購入することをオススメします!

その時にどの水栓を買えばいいのか決めるのが難しいと思いますので、業者さんが見積もりに来た時に、いくつか提案を受けたものの中から決めると良いのではないかと思います。

水栓購入までの費用(途中経過)

ここまでの費用をまとめると、

  • 水栓:18,750円
  • 業者さんへの作業料(水栓交換、食洗機設置):15,000円
  • 小計:33,750円(税抜)
となります。

これに食洗機本体の値段を含めた金額が、今回の食洗機設置にかかった費用となります。

業者さんとは最後に工事日を決めて、その日の打ち合わせは終了。

あと僕のやることは、工事日までにネットで「水栓」と「食洗機」を購入して、家に置いておくことです。

この時点で食洗機は、家電屋さんに行って下見はした状態でしたが、最終決定はしてませんでした。

ですが、我が家が購入した2019年2月時点で、メーカーはほぼパナソニック一択、あとはどの型にするかだけなので、選ぶのはそこまで苦労しないと思います。

食洗機の選び方(メーカー、型番)

水道業者さんと打ち合わせした日より少し前に、とある大きな家電屋さんに食洗機の下見に行きました。

すると展示しているのはパナソニックのものが中心で、あとはほとんど力を入れられていないようでした。

ネットでお勧めされているのもパナソニックです。

なのでメーカーに関しては、迷いもなく決まりました。

購入した型番を選んだ理由

2019年2月時点では、ファミリー向けの食洗機に絞ると、

  1. NP-TA2
  2. NP-TH2
  3. NP-TZ100
の3つが候補となります。

ざっくり重要な点だけ比較すると、

 ①NP-TA2②NP-TH2③NP-TZ100
エコナビ×
ナノイーX××
自動ドア××
価格
となります。

それぞれの項目について説明すると、

  • エコナビ⇒節電だから欲しい
  • ナノイーX⇒付いてないタイプでも臭いは気にならない口コミ多数なので不要
  • 自動ドア⇒展示品で試したら反応が鈍かった
となります。

一番高い「NP-TZ100」だけに付いているナノイーXと自動ドアは実は不要だという口コミが多いのです。

エコナビは付いていて欲しいので、そうなると「NP-TH2」に絞り込めますよね。

そのような決め方で我が家は「NP-TH2」を購入しました!

これも家電屋さんで買うとネットよりも2.5万円以上高いので、食洗機に関してもネットで購入して取り付けは業者にお願いするのが良いです。

もちろん分岐水栓が簡単にできるようでしたら、ご自分で設置するのもアリだと思います。

水栓交換と食洗機取り付け当日

TKGG31ECH

工事日までに水栓と食洗機も無事に届き、あとは業者さんに取り付けしてもらうだけです。

まずは水栓の交換

水栓交換

水栓の交換の様子を見ていて、思っていた以上に仕組みは複雑そうで絶対に素人の自分ではできなさそうな作業でした。

プロの業者の人がやったにも関わらず、水栓交換と食洗機の設置にかかった時間は2時間です。

自分でやったら、長い時間かけたのに難しくて途中で諦めることになっていたと思います。

業者さんにお願いして本当に良かったです。

分岐金具

分岐金具の部分は↑のような感じになりました。
白いホースが食洗機とつながっています。

白いホースの下側に、さらに小さな白いホースが見ていると思います。

あれは食洗機から排出される水を流す為のホースです。

食洗機も無事に設置!思っていたより周囲はスッキリ

食洗機設置

卓上型の食洗機を設置し終わった直後の感想は「圧迫感ある!」です。

サイズは大きめなのでかなりの存在感あります。

ただ、それも3日で慣れたので、後悔はまったくありません。

食洗機周りの配線はゴチャゴチャしてる?

食洗機のコード

食洗機の周りもそこまでゴチャゴチャしてないです。

上の後ろ側の写真には3本コードが見えていると思いますが、

  1. 電源コード
  2. 水道から分岐されてつながってるホース
  3. 排水ホース
です。

こちらも思ったより邪魔でありませんでした!

賃貸の場合は原状回復のことも忘れずに

取り外した水栓は、きちんと管理して保管しておきましょう!

賃貸物件に住んでいる場合、退出時は原状回復しなければいけないからです。

我が家の場合、退出時も業者さんに頼んで元の水栓に戻してもらうつもりです。

その時の作業料は今回と同じ1.5万円になるそうです!

まとめ:食洗機を使ってみた感想

使ってみた感想は「想像以上に簡単で便利だった!」です。

使う前は、

  • 食器を入れる前に予洗いしたり
  • お鍋やフライパンが入らなかったり
  • 食器の汚れが落ちてなかったり
なんて不便を想像してましたが、そんな心配の90%くらいはする必要のないものでした。

予洗いは食洗機に入れる前の食器を水でサッと流すくらいで十分ですし、スポンジを使って予洗いするのは油を使ったフライパンくらいです。

お鍋やフライパンも食洗機の中に入れて洗えてます(サイズ的にも汚れ的にも)。

食器の汚れが落ちてなかったことは、ほぼなくて、たまに気になるのは手で洗ったり、次の時にもう1回入れるだけですので不便さは本当に少ないです!

アベッチ

こんなに完成度の高い商品になってるならもっと早く使いたかった

たまに食洗機に対する不満をリアルでも聞くことがあるのですが、ちょっと今のところは共感できてません。

使い続けるうちに不満を感じてきたら、この記事に追記したいと思います!

食洗機設置にかかった全ての費用

最後に今回の食洗機設置にかかった総費用をまとめると、

  • 水栓:18,750円
  • 食洗機:65,500円
  • 業者さんへの作業料(水栓交換、食洗機設置):15,000円
  • 合計:99,250円(税抜)
となりました。

なんとか10万円以内におさまって良かったです。

最新の食洗機(NP-TZ100)を家電屋さんで買うと10万円以上します。

情報を集めたおかげで、それを普通に買うよりも安く済ませられたので合格点かなと思います!

何より3年半も設置できなかった食洗機をようやく付けられて満足です。

特にありがたみを感じるのは夕食後で、夜のバタバタした時間に少しだけゆとりができて子供と遊ぶ時間が増えました!