防災グッズの手回し発電で本当にiPhone充電できるの?停電で困る前に試してみた!

手回し機能が付いている防災グッズ

アベッチ

停電が長引いてスマホの充電が切れた時の為に、手回し発電機能が付いているランタンとラジオを買いました。

だけどこの機能に本当に期待していいのか不安なので、緊急時に困らないようにテストしてみました!

防災グッズの中には乾電池が不要で、手回しで動くランタンやラジオが売られています。

この手回しで充電できるのは本体だけでなく、充電ケーブルでつなぐとスマホまで充電できてしまうのです。

ただ、ランタンやラジオなら少ない電力で動くので手回しでもいけるみたいなのですが、電力消費の激しいスマホとなるとやや不安ですよね。

「これは停電本番で困る前にテストせねば!」ということで試してみました!

ランタンの手回し発電機能でiPhoneを充電してみた

私が購入したのは「ThorFireのLEDランタン」です。
乾電池を入れるところがそもそもなく、完全手回しで充電して使えます。

今回は本体の充電機能ではなくケーブルでつないだスマホを充電できる機能が実用で使えるかどうかのテストを行っていきます。

さっそくThorFire本体とiPhoneをケーブルでつないで、手回し発電してみました!
※MicroBのケーブルが付属していますがiPhone用は自前で用意する必要があります

  • STEP.1
    手回し開始
    ランタンとスマホをつなぐ
    オレンジ色がランタン本体です。
    白い充電ケーブルの先にはiPhoneが接続されています。
    ランタン本体側を手回しで発電させるので、本体側をコンセントとイメージすると、いつも充電している時と同じ構図になるので理解しやすいと思います。

    準備ができたら黒い取っ手部分をグルグル回して発電していきます。

  • STEP.2
    4分30秒でiPhoneが起動!
    赤いランプ
    iPhoneが起動しリンゴのロゴが表示される。
    しっかり充電できてるという期待感。これは実用で使えるかも!

    ちなみに手回ししてる時は上の画像の「電源マーク模様のスイッチ」の左側にあるポチッとなっている部分が赤く点灯します。

  • STEP.3
    6分で2%充電
    2%
    2%充電済みとなっていることを確認。
    これは10分回したら3%くらいいくかな。
  • STEP.4
    12分でなぜか1%に下がる
    1%
    10分回しても2%充電済みのままだったので回し続けると、なぜか12分経過時点で1%に下がる。
  • STEP.5
    15分経過、1%のままで終了
    1%のまま。
    握力がとっくに限界に達して腕がぷるぷるになったのでここで終了…

アベッチ

手回し機能を使ったスマホの充電には期待しない方がいいかも
MEMO
誤解のないように書いておきますが、ランタン本体の機能は手回しで十分使えます!

ランタン本体は手回しで十分使える!

公式発表では、1分間に120回手回しすると、

  • ハイモードでは18分連続点灯
  • エコモードでは40分連続点灯
となっています。

ハイモード

実際、私が50秒で120回手回ししてみたところ、ハイモードで上の画像のようにものすごく明るい状態が続くのは5分ほどでした。

その後に「20分くらいは緩い明かりで使えるかな~」という感じでした。

1分の手回しでそれくらいの時間は使えるので、乾電池不要のランタンとして緊急時には役立つと思っています。

今度はラジオの手回しでiPhoneを充電してみた

続いて、手回し機能が付いているラジオでもiPhoneの充電を試してみたいと思います。

上で紹介したランタンと同じで、ラジオ本体の充電も手回しでできるし、ケーブルでつなげばスマホの充電も可能という防災グッズですね。

こちらもMicroBのケーブルが付属していますが、iPhone用は自分で準備しないといけません。

またスイッチを2ヶ所ほど充電モードに設定しないといけないので、その点だけ注意が必要です!

  • STEP.1
    スイッチをLI-IONに合わせる
    リチウムイオンに合わせる
    ここすごく重要です!
    「AAAとLI-ION」に合わせるスイッチがあるので必ず「LI-ION」に合わせてから手回しを始めましょう!
    AAAに合わせたままだとスマホに充電されませんでした。
  • STEP.2
    スイッチをスマホ充電に合わせる
    スイッチをスマホ充電に合わせる
    ラジオの下側にあるスイッチも「スマホ充電」を意味しているマークに合わせます。
  • STEP.3
    充電ケーブルをつなぐ
    充電ケーブル
    説明書の入力端子・出力端子の解説がわかりづらかったので画像に収めておきます。
    これもラジオ本体側がコンセントとイメージすれば間違えないと思います。
  • STEP.4
    手回し開始
    手回し開始
    上のような形で手回し発電を開始します。
    ケーブルの先にはiPhoneが接続されている状態です。
  • STEP.5
    5分50秒でiPhone起動
    ランタンは4分30秒だったので比較すると少し遅かったですが、ラジオでも無事にiPhoneが起動!
    しっかり発電できています。
  • STEP.6
    7分で2%充電
    2%
    ランタンと比べて1分遅れの6分で2%充電済みに到達!
    肝心なのはここから3%にいくのか1%に戻るのかです。
  • STEP.7
    9分で3%充電
    3%
    なんと9分で3%に到達しました!
    この先手回しを続ければ5%にはいきそうな感触はありました。
    腕が限界に達したので実験は10分で終了。

アベッチ

9分手回しして3%ほど充電できたものの想像以上に体力的にキツイです。

緊急時に繰り返しこれをするか?と考えてみると、すぐに使わなくなるような気がします。

手回し発電専用機のポケットソケットはどう?

ここまで紹介してきたランタンとラジオは「手回し機能を利用してスマホ充電もできるよ」というオマケ的な意味合いも強いです。

探してみると「ポケットソケット」という手回し発電専用機もあります。

こっちは購入してないのですが、

  • ヒカキンさんの動画(下記)を参考にすると30分回して3%の充電
  • アマゾンのコメントを参考にすると「人による」
という評価なので、もしかしたら防災グッズに付いている手回し機能と似たり寄ったりかもしれません。

まとめ:手回し発電でのスマホ充電には期待しない

防災対策として手回し発電でのスマホ充電をチェックしてきました。

実際、大地震などで停電が起こった時に、この機能に期待して初めてスマホを手回し充電してみたら、かなり精神的ダメージが大きいはずです。

緊急時に使うものなのでやや辛口ですがスマホの充電については他の方法を考えておいた方が良いと思います。

一番安定的なのは下記のページで紹介しているモバイルバッテリーを、週1くらいのペースで充電しておくことかなと思います。

ただそれも停電が長引いたらいずれスマホは使えなくなるので、スマホの充電問題はなかなか根本的な解決策を見つけるのが難しいですね。

ソーラーパネルという手段も残っているので、引き続き模索していきたいと思います。

大地震に備えた家庭の防災グッズについては、
首都直下地震に備えて我が家に必要な防災グッズを揃えてみた
でもまとめています!