たまに痛くなる「魚の目」をドクターネイルでケアしてもらってきた!根本的に解決した?

魚の目

ナマケン

この記事をザックリまとめると、、
・10年以上前にできてしまった足の裏の魚の目
・小さくて軽めだけど、長い距離を歩くと周りの皮ふの硬い部分が分厚くなり痛くなることがある
・今後「運動不足解消の為に歩く機会が増える」と思って根本的に解決することにしました!

10年以上前に、自分のサイズより0.5cm大きいちょっと緩めの革靴を履いていたら、足の裏の皮ふが部分的に硬くなってしまいました。

「たぶん魚の目だろうなぁ」くらいの感覚で、症状としては軽かったのでそのまま10年以上放置。

ですが、たまに長い距離を歩くと、「魚の目の芯の周辺の、皮ふの硬い部分」が分厚くなり、歩く時に痛みだすこともありました。

魚の目が痛くなった時は、

  • 硬くなった皮ふの部分を爪切りで切り取る
  • ドラッグストアで市販されているスピール膏を使う
などして、10年以上も何とかやりくりしてきたのです。

ナマケン

普通に歩く分には支障はないですが、長い距離を歩けないのがずっと不便でした

変化のキッカケはコロナ自粛かもしれません。

「自粛生活の中で、運動不足解消の為にもっと長い距離を歩きたい」という気持ちが芽生えてきて、魚の目を根本的に治したいと思うようになりました。

そして「まずは皮膚科だろう」と思い、近場の皮膚科を調べることから始めたのです。

ナマケン

ちなみに魚の目は「鶏眼(けいがん)」とも呼ばれるみたいですね

近場に魚の目を治してくれそうな良い皮膚科がなかった

皮膚科

さっそくネットで近くの皮膚科を探すと3件見つかりました!

ですが、順番にホームページをチェックしてみるも、取り扱っている診療内容が、

  1. 医療脱毛
  2. シミ取り
  3. スキンケア、ニキビケア
  4. アトピー性皮膚炎
をメインとしており、いわゆる「一般皮膚科」が近くにはありませんでした。

少し範囲を広げて皮膚科を探してみるも、魚の目治療に関してどのような治療を行うのかきちんとホームページに書いてある病院が見つかりません。

そんな中、魚の目についてとてもわかりやすく解説しているページを見つけたのです。

ドクターネイルの魚の目ケアのページがわかりやすい!

魚の目ケア・原因と予防法

僕が魚の目ケアについてとてもわかりやすいなと思ったページは「魚の目ケア・原因と予防法」です。

皮膚科ではなく「ドクターネイル爪革命」という、爪や魚の目、タコのケアを専門に行っている足爪専門サロンのページです。

ナマケン

魚の目は病院だけでなくサロンでも取ってもらえるらしい

魚の目をどうやってケアするかとてもわかりやすかったので、今回はドクターネイルさんに行ってみることにしました!

ドクターネイルに予約する時の注意点(魚の目の場合)

ドクターネイルはチェーン店なので色々なところに店舗があります。

店舗一覧は公式サイトにあるので、まずは一番近い店舗を探しました。

公式サイトからの予約方法は電話のみでしたが、ホットペッパービューティーからも予約できることがわかったのでネット予約することに!

下記に予約時に少し迷った点をメモとして下記に残しておきます。

ホットペッパービューティーで魚の目ケアだけを予約できないの?

ホットペッパービューティーにはお得なクーポンメニューがあります。

その中に「タコ+うおのめケア」という、タコと魚の目ケアが一緒になったクーポンがありました。

タコ+うおのめケア

「うおのめケア」だけのクーポンメニューがなかったので、予約する時に、

  • 自分は魚の目だけ施術してもらいたいんだけど「タコ+うおのめケア」を選ぶ必要があるのだろうか?
  • 「うおのめケア」だけは選べないのかな?
と少し迷ってしまいました。

ですが、「クーポンを使わない」のところから「メニューを選ぶ」と進むと、魚の目ケアだけのメニューを発見!

魚の目ケア

「魚の目ケア」だけを選んで、無事に予約を完了することができました。

予約確認の電話で聞かれたこと1(魚の目かタコかイボか?)

ホットペッパービューティーからの予約が完了すると、予約をしたドクターネイルの店舗から折り返しの電話がありました。

そこで説明されたのは、、

▶まず、足の裏にできるのは、
(1)魚の目
(2)タコ
(3)イボ
の3種類があるということ。

▶魚の目とタコならドクターネイルで施術できるが、イボの場合はウイルス性なので病院でしか治療できないということ。

▶素人判断だと「魚の目だと思ったらイボだった」ということはよくあることらしい。

という内容でした。

ナマケン

上記は、内容に間違いはないと思いますが、表現は僕の方で変えています(素人判断とは言われてません)

「魚の目、タコ、イボの違い」については、お医者さんが書いた記事がネットに大量にありますので、予約前に自分で調べておくことをオススメします。

もし「魚の目ではなくイボかな?」と迷ったら、先に皮膚科に行った方が良いかもしれません!

ナマケン

僕の場合「魚の目、タコ、イボの違い」の記事をいくつか読んで、90%の確率で自分は魚の目だろうと思ったので、そのままドクターネイルに行くことにしました

予約確認の電話で聞かれたこと2(最近、スピール膏を使っていないか)

折り返しの電話でもう一つ確認されたのは、「最近、スピール膏を使ってセルフケアしていないか?」という点です。

スピール膏を使ったことがある方は想像できると思いますが、あれを使うとパッチを貼った部分の皮ふが白くなってフヤけてしまいます。

皮ふが白くフヤケた状態だと「魚の目かイボかの判断が難しくなる」ようで、スピール膏を使用後は期間を置かないと施術ができないとのことでした。

「魚の目ケア」と「タコ+うおのめケア」の違いは?

ホットペッパービューティーで予約する時に迷った、

  • 魚の目ケア
  • タコ+うおのめケア
の違いについても聞いてみました。

すると、

▶魚の目だけの悩みの方は、基本的には魚の目ケアだけでOK

▶ただ、魚の目周辺の分厚くなった皮ふが広範囲になる場合は、タコケアとして追加で料金が発生する可能性もある。

というような説明をしてくれました!

僕の場合は、

ナマケン

「広範囲な魚の目ではないので、魚の目ケアだけで大丈夫そう。もし追加でタコケア分の料金も取られたら、最初はそれでも良いかな」

そんな心構えで、予約した当日、ドクターネイルに向かいました!

ドクターネイル魚の目ケア30分コースを受けた感想

施術前(ビフォー)

参考までに施術を受ける前の僕の魚の目写真です↑

ナマケン

冒頭で書いたように軽い魚の目でしたが、「真ん中に芯があって周りの皮ふが硬くなってる」のがわかりますよね

ドクターネイルの店舗に着くと、担当の方が対応してくれました。

そして、

  1. 足湯
  2. 魚の目かどうかの判断
  3. 足の悩みについて
  4. 施術(5分くらいであっという間)
というような流れの30分コースとなっていました!

特に驚いたのは、魚の目の芯を取るのは5分くらいと、あっという間に終わってしまったことです。

施術時はドクターネイルの専用マシンを使用しているようで、痛みはまったくなく、ちょっと冷たさを感じたくらいでした。

冷たいと言っても、皮膚科などの病院でよく使われている液体窒素を用いた「冷凍凝固療法」とも違うようで、施術内容の詳細が気になる方は直接聞いてみてください!

そして、施術1時間後くらいの写真が↓です。

施術後(アフター)

ナマケン

よく見ると芯がなくなってるのがわかりますね。施術後も痛みはまったくありませんでした

30分コースの最後に、担当の方から「しばらくクリームなどで保湿をよくしておいてください」と言われて、店舗を後にしました。

施術1週間後の感想

施術1週間後

ドクターネイルで魚の目ケアの施術を受けて芯はなくなった状態なので、当然ながら歩く時の痛みはありません。

それを前提として、感想を書いていきます。

魚の目ケアで芯を取ってもらうということは、皮ふに大なり小なりのボコッとした穴が開くことになります。

当然、その穴は自然と新しい皮ふで埋まっていくわけですが、最初はキレイな「魚の目ができる前の状態」に戻ることを想像していました。

ですが結果は、↑の写真のように、穴の部分が硬い皮ふの状態になりました。
※ちなみに真ん中に「魚の目の芯」のようなポチッとしたものが見えますが、あれは芯ではありません(でした)

1週間後の時点で、魚の目の施術跡が硬い皮ふの状態になってしまったので、

ナマケン

今のところ痛みはないけれど、歩く時にこの硬い皮ふの部分に圧力がかかって、結局また芯ができて魚の目になってしまうのではないだろうか?

そんな心配を感じてしまいました。

しかし、痛みはない以上、ここは経過観察しかありません。

ナマケン

痛くならない限りは、しばらく放置してみよう

そう思って、一旦忘れることにしたのです。

そのように決めたら、本当にすっかり忘れてしまって、あっという間に2ヶ月が経過しました。

施術2ヶ月後の感想

施術2ヶ月後

ドクターネイルで魚の目ケアの施術を受けてから約2ヶ月後

あいかわらず痛みもなく、魚の目の復活も感じなかったので、すっかり施術してもらったことを忘れていた頃、、

お風呂の湯船につかっている時に、ふと「魚の目」の跡の部分を触ってみると、皮ふにとっかかりができていました。

「なんだろうこれ?」

と思って、そのとっかかりを指でカリカリとしてみると、なんと皮ふの塊がポロッと取れたのです!

おそらく、ドクターネイルで魚の目の芯を取ってもらった時にできた穴、その部分を埋めた皮ふが、役割を果たして取れたのだと思います。

魚の目があった場所も皮ふの硬さが取れてきて、よりスムーズになったと感じます。

まだ少しだけ「魚の目の跡」が残っていますが、もう少し経ったら、もしかしてこの跡も消えてしまいそうな雰囲気もあります!

なので、とりあえず現時点でドクターネイルでの魚の目ケアは成功だったと言って良いと思います。

ナマケン

今後も「魚の目の跡がキレイに消えた」「復活した」などの変化があれば、このページに追記していきます!