ふるさと納税は楽天スーパーセールでまとめて寄付してポイントを沢山GETしよう!おすすめの品も紹介♪

ふるさと納税アイキャッチ

けい

返礼品がもらえることで人気のふるさと納税。我が家は楽天のふるさと納税でお米やビールをいただいています!

最近一気に知名度が増した「ふるさと納税」。

自己負担が実質2000円で、特産品などの返礼品がもらえることで人気ですよね!

普段から楽天市場を使っているユーザーの方だったら、楽天でのふるさと納税が圧倒的にお得です。

むしろやらなきゃもったいない!

楽天ふるさと納税を使えば、もらえるポイントでこの2000円さえも実質無料にできるんです。

けい

節税にもなって返礼品ももらえて、なおかつポイントまでGETできるなんて、こんなお得なことはないですよね!

特に、年に数回開催される楽天スーパーセールの時期にまとめて納税するのがオススメ!

今回はさらにおすすめの品やお得な活用方法もご紹介します!

ふるさと納税を楽天でするメリット

ふるさと納税には興味があるけど、どうして楽天が良いの?という方へ。

楽天でふるさと納税をするメリットは主に2つあります!

1)楽天スーパーポイントが貯まる!

最大のメリットは寄付額に応じて楽天スーパーポイントを貯められるということ!

他のふるさと納税のサイトではこういった使いやすいポイント制度のあるところは少ないです。

ポイントがついても、せいぜいクレジットカードで支払ったときのポイント1%くらい。

ですが楽天なら簡単に10%以上のポイントが狙えるチャンスがあるんです!

けい

後ほど詳しく説明しますね♪

2)楽天スーパーポイントが使える

もう一つのメリットが、ふるさと納税の支払いに楽天スーパーポイントを使える!ということ。

普段のお買い物で貯まった楽天スーパーポイントをふるさと納税に使えば、現金の手出しが少なくなるのでありがたいです。

使い道が限られる楽天の期間限定ポイントも利用できるので、さらにお得に感じますよね!

けい

もともとポイントで支払ったのに税金が安くなるなんて、お得すぎて怖くなります(笑)

とにかくお得な楽天スーパーセール期間のまとめ買い

楽天でふるさと納税をするなら、年に数回開催される楽天スーパーセール期間中が圧倒的におすすめです!

楽天スーパーセールとは
楽天市場で年に数回開催されるセールのこと。期間中の買い物は通常よりもポイント倍率が高くなるのでお得!

買いまわりでポイント10倍に

楽天スーパーセールで最もお得なのが、期間中に開催される「楽天買いまわり」です♪

楽天買い回り

楽天スーパーセールの期間中に1000円以上購入した店舗数に応じてポイントが加算されていくシステム。

実はふるさと納税もこの買いまわりの対象なんです!

けい

1自治体につき1店舗とカウントされます!

つまり、このスーパーセール期間中10店舗の買いまわりを達成すれば、ポイントの倍率が10倍になります。

楽天では通常の買い物でポイントが1%なので、なんと購入金額の10%ものポイントがつくことになります!

もちろんふるさと納税だけで10自治体はなかなか難しいので、私は日用品など1000円以上のものをこのスーパーセールに合わせて購入しています。

そう考えると10%のハードルも低く感じられますよね♪

たとえばこの期間に50000円分のふるさと納税をしたとすると、50000×10%=5000円分のポイントがもらえることになります!

けい

返礼品が届く上に実質負担額の2000円を超えるポイントが貰えてしまうという…お得すぎて震えてきます。

楽天カードで支払うだけでポイントが+2倍に

これだけではありません!

ふるさと納税を楽天カードで支払うだけで、楽天のポイント倍率が+2倍になります。

つまり買いまわりの10倍と合わせると、ポイント倍率が12倍となります。

12倍とはすなわち12%のポイントが付くということなので、先ほどの例で言えば50000円×12%=6000円分のポイントが貰えてしまうのです…!

支払いを楽天カードにするだけで通常のお買い物もポイント倍率が+2倍になるので、使わない手はありませんよね♪

楽天カードは年会費も無料なので、お持ちでない方はぜひこの機会に申し込みをおすすめします!

楽天カードに申し込む(年会費無料)

楽天ふるさと納税のおすすめ返礼品

続いては実際に楽天ふるさと納税を使っている私のおすすめ返礼品をご紹介します♪

お米

やっぱり一番のオススメはお米です!

楽天ふるさと納税のお米画面

お米は毎日食べるものですし、スーパーで買って帰るのは重くて大変ですよね。

けい

我が家はふるさと納税のおかげでこの1年ほとんどお米を購入していません!

全国各地の米どころから選ぶのもまた楽しみのひとつです。

自分の好きな銘柄で選ぶもよし、ひたすらコスパを追求するのも良いですね♪

MEMO
1万円の寄付で1回15kg~20kgのお米が届くものもありますし、1ヶ月おきなど定期的に届けてくれる自治体もあります!

ビール

お米の次におすすめなのがビールなどの酒類です!

楽天ふるさと納税のビール

我が家も先日、大阪府泉佐野市に1万円を寄付して「よなよなエール」を1ケースお返しにいただきました。

Amazonで購入すると1ケース6000円以上するので、子育て中の我が家だと普通に購入するのはちょっと高いです。

でもふるさと納税なら値段を気にする必要もありません!

これまでは「発泡酒でいいかな~」と言っていた夫も、嬉しそうに飲んでました♪

けい

ちょっとした贅沢ができるのもふるさと納税の良いところですよね!

家電

我が家は利用したことがないのですが、楽天ふるさと納税では家電も人気があるようです♪

総務省から家電の自粛要請があったため以前に比べて数は減っているようですが、調べたところざっと以下のような家電がありました!

  • 炊飯器
  • ドライヤー
  • ロボット掃除機
  • ホームベーカリー
  • コーヒーメーカー

商品の値段が高い分寄付の金額も高く設定されていますが、必要なものがあれば利用するのも良いかもしれません!

けい

寄付金額が高ければその分貰えるポイントも多いので、楽天でふるさと納税するメリットがありますよね♪

さらに5%のポイントも!楽天ROOM経由がおすすめ

楽天スーパーポイントを稼げるサービスとして過去に記事でご紹介した楽天ROOM

楽天roomトップまるで自分のセレクトショップ!楽天ROOMを使って楽天スーパーポイントを稼ごう♪
楽天ROOMとは
「ROOM」と呼ばれるページに自分の好きな商品を登録して、そのページで売上があると5%の楽天スーパーポイントが貰えます!

この楽天ROOMの裏ワザとして、「家族間で使う」というものがあります。

つまりふるさと納税をするのが夫だった場合、妻の楽天ROOMを経由することでその分のポイントを妻がGETできる!ということです。

例えば夫が妻の楽天ROOMを経由して50000円分のふるさと納税をした場合、その5%分にあたる2500円分のポイントを妻が受け取ることができます!

けい

お買い物で貯まるポイントとは別に、さらにポイントをGETできるのは嬉しいですよね♪

楽天ポイントギフトカードとの併用も可能!

楽天ふるさと納税の良いところは、有効期限のある期間限定ポイントが使えるということ!

以前の記事でご紹介した楽天ポイントギフトカードも期間限定ポイントですが、こちらも利用することができます。

コンビニで10001円以上の楽天ポイントギフトカードを購入すると、700~711円分のポイントが貰えるお得なキャンペーンがたびたび開催されています。

もしふるさと納税をする予定があれば、キャンペーン期間中に迷わず購入しておくことをおすすめします!

アイキャッチ知らなきゃ損?!楽天ポイントギフトカードのキャンペーンでお得に楽天スーパーポイントをGETしよう!

デメリットはないの?

ここまで良いことづくしの楽天ふるさと納税ですが、デメリットもあります。

自治体の数が少ない

楽天ふるさと納税のデメリットとしてよく言われるのが、「他のふるさと納税サイトに比べて取り扱っている自治体の数が少ない」というもの。

ふるさと納税を取り扱うサイトの中で自治体数が最も多い「ふるさとチョイス」で1000以上の取扱いがあるのに対し、楽天は今のところ200に届かないくらいです。

比べてみるとたしかに少ないですね。

我が家の場合はお米やビールなど決まったものしか頼まないので、楽天の品揃えが悪いと感じたことは実は一度もありません。

けい

それ以上にポイントが貯まるメリットの方が圧倒的に大きいです!

もしいろいろな商品を見てみたい!試してみたい!という方は品揃えの良い「ふるさとチョイス」などの他のサイトを見てみるといいかもしれませんね♪

自治体の個別ポイント10倍が終了

これまで楽天でふるさと納税をするときのメリットだったのが、自治体単位で個別に行っていた「ポイント10倍」の特典。

ですが昨年の総務省からの通知を受けて、2018年4月から姿を消してしまいました。

これまでは個別に沢山ポイントがついていたのが無くなってしまったので、魅力が減ってしまったといえばそうかもしれません。

とはいえスーパーセールを上手に利用すればまだまだポイントの恩恵に預かることができるので、デメリットとまでは言えないかもしれませんね。

楽天でふるさと納税するときに気をつけたいこと

続いては楽天でふるさと納税をする時の注意点について触れていきます。

納税可能な上限金額の確認をお忘れなく!

楽天に限らずふるさと納税をするときの基本ではありますが、寄付が可能な金額の上限は必ず確認をしましょう!

寄付できる金額の上限は年収や家族構成などによって変わります。

楽天ふるさと納税のページでも寄付額のシミュレーターを用意しているので、寄付を始める前に確認することをおすすめします。

注意
ご自分の上限金額を超えて寄付してしまうと節税効果が薄れてしまいますのでご注意を。

納税者と注文者の名義を一致させる

楽天ふるさと納税でありがちなのが、夫のふるさと納税を妻の名義で利用してしまうミスです。

楽天ふるさと納税では納税者と注文者の名前、クレジットカードの名義は一致していることが求められますので、例えば注文者が妻になっていると寄付とみなされません。

間違えて注文してしまうと、注文自体がキャンセルになったり、品物は届いても税金が控除されなかったりします。

もし納税者である夫が楽天アカウントを持っていない場合は、作ってもらいましょう!

けい

ふるさと納税をまだ活用できていない方は、次回のスーパーセール期間中に楽天のふるさと納税にトライしてみてはいかがでしょうか?