一条工務店の洗濯機パン問題。オプションで付けるのが正解?つけない場合かさ上げ台のおすすめは?

かさ上げ台

ナマケン

この記事をザックリまとめると、、
・一条工務店は「洗濯機パン」を付けないように勧めてくる風潮にある
・我が家も付けない選択をしたが、2Fに洗濯機を置く為、直前になって水漏れリスクが不安になった
・実際、洗濯機パンなしの生活はどうか?おすすめのかさ上げ台は?

マイホームの打ち合わせでは、大量の決断をすることになりますが、その中でもかなり地味な部類に入る「洗濯機パン取り付けるか付けないか問題」について、この記事では書いていきたいと思います。

地味な部類には入りますが「重要ではない」という意味ではなく、万が一の水漏れの可能性を考えると、むしろかなり重要度・深刻度は高めです!

我が家は一条工務店で家を建てましたが、もしかしたら他の工務店や住宅メーカーでも同じように「付ける、付けない」で悩んでいる方も多いかもしれません。

このページでは、最後に「実際に住んでみてどうだったか?」までまとめていますので、参考になれば幸いです!

ナマケン

洗濯機パンとは?洗濯機を置く為の白いスペースのことで、賃貸物件の場合は、階下への水漏れ防止の為に必ず付いています。

ただ一軒家になると、付ける?付けない?を選択をすることになります

一条工務店は基本「洗濯機パン」をおすすめしない風潮

一条工務店の洗濯機パン

一条工務店では「洗濯機パン」は約1万円ほどのオプションとなっています。

そして、基本的には洗濯機パンを付けないことをお勧めしてきます。

付けないことをお勧めしてくる理由は、

  • 機能的に本当に不要と考えている
  • オプションにより建物合計金額が高くなってしまうから
というようなことだと思います。

僕たち購入側も、

ナマケン

洗濯機パン=ホコリがたまって掃除ができない嫌なところ

というようなあまり良くないイメージを持っている方が多いと思います。

そんな状況で、住宅メーカー側から、

  • 最近では洗濯機パン付けない人の方が多いですよ
  • キャスター付きの台だと掃除が楽ですよ
なんて言われたら、「あぁそうなんだ」と思って、たいして調べもせずに、付けないという選択をするのが普通です。

さらに、洗濯機パンを付けるか付けないか決めるタイミングというのが、間取りを決めるタイミングと重なります。

むしろ間取りのことで頭がイッパイのタイミングだったと思います。

僕の場合は「水漏れの可能性もあるし、もう少し詳しく調べてみよう!」なんて余裕はありませんでした。

この時の調査不足が元で、半年以上も後の引渡し直前に後悔することになりました。

引渡し直前になって「洗濯機パン」を付けなかったことを後悔した理由

新居の引き渡し前に、何度か家の中を内見する機会があります。

その時に「そういえば、洗濯機パンを付けなかったので、洗濯機を乗せる為の台を自分で買わないと!」ということに気が付きました。

そして、いざ自分で洗濯機台を選び始めてみると

  1. なかなか良い洗濯機台が見つからない
  2. 2階に洗濯機を置くので水漏れが怖い
という2つの理由で、「やっぱりオプションで洗濯機パンを付けておけば良かったかも」と、付けなかったことに後悔をし始めてしまいました。

ナマケン

それぞれ詳しく説明していきます!

(1)良い洗濯機台が見つからない(キャスター付き、かさ上げ台)

キャスター付き

最初は住宅メーカーもお勧めしていた「キャスター付きの洗濯台」をネットで調べ始めました。

ですが、いざ調べてみると「耐久性に問題がある」とレビューされてるものが多くて、使用するのに不安を感じてしまったのです。

さらに、調べているうちに「本当にキャスター付きの洗濯機台って必要?動かして掃除するかな?」という疑問も感じ始めました。

ナマケン

年に1回掃除するかしないかだと思う…

年に1回の掃除の為に「耐久性に不安なキャスター付きを買う必要があるだろうか?」

そう考えると、購入に踏み切るのが難しかったです。

かさ上げ台も賛否両論

かさ上げ台

一度キャスター付き洗濯機台を諦めて「かさ上げ台」についても検討してみました。

すると、キャスター付きと同じで、

  • 不安定で洗濯機が動いてしまう
  • 振動が酷い
  • かさ上げ台から落ちた
というような酷いレビューが多かったです。

「キャスター付きもダメ、かさ上げ台もダメ」

ナマケン

こんなに選ぶのが難しいなら、最初から洗濯機パンを付けておけば良かった

そう思って、オプションで洗濯機パンを付けなかったことに後悔したのです。

(2)2階に洗濯機を置くので水漏れが怖い

水漏れ

さらに、我が家では2階に洗濯機を置くので、

  • キャスター付き洗濯機台
  • かさ上げ台
では、万が一の時の水漏れが怖いと思うようになりました。

賃貸マンションに付いているような洗濯機パンがあれば、万が一、水漏れしてしまった場合でも、かなりの水の量をしのげることができます。

水漏れのことを気にし始めたら、住宅メーカーに対しても、

ナマケン

我が家は2階に洗濯機を置くことが決まっていたので、水漏れのリスクを考えて、洗濯機パンをお勧めしてくれたら良かったのに

と少し不満を感じてしまいました。

他人のせいにするのは良くないですが、僕たち夫婦も含め住宅購入者の大半は、初めての決断となることが多いです。

そこで適切なアドバイスをしてもらえないのであれば、仕事としてはやはり不満に思うのは仕方ないと思います。

とは言え、住宅メーカーに不満を感じたところで、この段階ではもう洗濯機パンを付けることができません

  1. なかなか良い洗濯機台が見つからない
  2. 2階に洗濯機を置くので水漏れが怖い
この2つの理由で、洗濯機パンを付けなかったことをとても後悔しました。

しかし、もうすぐ新居の引き渡し日が迫っている状態だったので、洗濯機を置く為の何かを用意しなければなりません。

結局、キャスター付きは安定性と必要性の2つで疑問を感じてしまったので、ひとまず「かさ上げ台」を購入することにしました。
※購入したかさ上げ台はページの下の方で紹介しています

ナマケン

かさ上げ台で洗濯機の振動を抑えられるか?ずり落ちたりしないか?水漏れしたらどうしよう?

などたくさんの不安の中で、洗濯機の取り付け日を待つことになりました

実際、住んでみての感想。洗濯機パンは付けるべき?付けなくてもOK?

かさ上げ台でOK!洗濯機パンは不要

洗濯機の取り付け日に、設置業者さんにも色々と質問してみてわかったこともあるのですが、それを説明する前に、わかりやすいように先に結論から書いていきます!

実際に新居に住んで洗濯機を使ってみて感じたのは、

  1. 結局、洗濯機パンはつけなくて良かった(住宅メーカーの言うとおり)
  2. 洗濯機の台は「かさ上げ台」でOK!振動やズレ落ちの心配は不要。おすすめは?
  3. 水漏れのリスクはほとんどない
の3つです!

我が家の洗濯機は、「かさ上げ台」の上に設置された日から、何一つ問題なく稼働しております!

そうなってくると思うのは「掃除しにくい洗濯機パンは付けなくて良かった!」です。

ナマケン

ちょっと前までの心配は何だったんだ…

設置前は、洗濯機パンの代替品の評判があまり良くなくて、それが原因で心配になってしまったのだと思います。

ですが、「かさ上げ台」が十分な働きをしてくれて、洗濯機パンの代替品となることがわかったので、そうであればホコリがたまって見たくない場所になる洗濯機パンはない方が良いに決まっています!

次の「オススメのかさ上げ台」と「水漏れのリスク」については、設置業者さんに聞いた話もふまえて、下記に続けていきます。

おすすめのかさ上げ台は?(振動やズレ落ちの心配は不要と洗濯機設置業者さんも一押し)

おすすめのかさ上げ台

我が家で選んだのは「かさあげくん」という商品です!

そして、それで当たりでした!

その理由をこれから書いていきます。

僕が「かさ上げ台」を購入する時に候補に選んだのは、

  1. ふんばるまん:アマゾンで人気
  2. かさあげくん:引越し業者のカタログに掲載
  3. カクダイ:ニトリでも売られている
の3つです。

「ふんばるまん」と「かさあげくん」は似たような商品で、「カクダイ」はニトリでも売られているので、ニトリが選ぶ商品なら間違いないなと思って候補にしました。

最初に候補から外れたのは「カクダイ」です。

理由は高さが10センチもあり「高すぎて不安定になる」と思ったからです。

「カクダイ」は洗濯機の下にたくさんのスペースを作るという目的で作られた商品のようですので、純粋に「台」として求めている場合は、ちょっと違うかなと感じました。

似たような「ふんばるまん」と「かさあげくん」は、どのように一つに絞ったのかというと、我が家の引越しは「アート引越しセンター」にお願いしていたのですが、そのカタログで紹介されているのが「かさあげくん」の方だったのです!

洗濯機の設置業者さんも、アート引越しセンターと提携している業者さんなので、設置の際にお勧めしてくるとしたら「かさあげくん」の方だろうなと思いました。

設置の当日に、業者さんから直接買うと高い値段になるので、先回りしてアマゾンで「かさあげくん」を買っておいたというわけです。

結局はその予想が当たっていて、設置業者さんにも「かさあげくんであれば大丈夫ですよ」とお墨付きをもらえました!

また、どのくらいの重さに耐えられるかという「荷重耐性」も、

  • ふんばるまん:150kg
  • かさあげくん:200kg
「かさあげくん」の方が耐久性があるようです。

そういった意味でも個人的には「かさあげくん」の方をオススメしたいです!

ナマケン

ただ、アマゾンでは「ふんばるまん」の方がレビュー数も多いし、定番商品となっているのですよね

「ニューしずか」などの振動止めのゴムも不要です

アマゾンでは「ふんばるまん」「かさあげくん」のページに、「よく一緒に購入されている商品」としてニューしずかなどの振動防止の為の防振ゴムが紹介されています。

created by Rinker
東京防音
¥982 (2021/06/23 12:31:29時点 Amazon調べ-詳細)

レビューの中にも「かさ上げ台」と一緒に防振ゴムを使ったら、「洗濯機の振動が収まった」など合わせて使うことを推奨するような内容もありました。

うちでも前に使っていた防振ゴムが家にあったので、一応「かさあげくん」と一緒に用意しておきました。

ですが、洗濯機の設置業者さんに聞いたら、

かさあげくんはゴムが内蔵されているので防振ゴムはなくても大丈夫ですよ

洗濯機の設置業者

とのことで、結局、使いませんでした。

それに、自分で考えてみても、「かさ上げ台」に防振ゴムをあわせて使うとなると、構造的に余計に不安定になってしまうなと思っていました。

ナマケン

「構造的に余計に不安定になる」というのは、かさ上げ台の上に防振ゴムを設置するとしたら、かさ上げ台の上に飛び出しているズレ落ち防止用の壁(↓の画像)の役割がなくなってしまうからです

かさ上げ台の壁部分

なので、設置業者さんに「使わない」と言ってもらえたことで、実はとても安心しました。

ただ、一番大事なのは「実際に洗濯機を動かしてみて、振動はどうだった?」ということですよね。

それが「かさあげくん」だけで振動は気にならないレベルまで抑えられています

脱水時の振動によって、洗濯機がズレたり、「かさあげくん」が動いてしまったり、というような危険につながりそうな気配もありません。

ナマケン

ここまでかさあげくんが安定してくれるなんて!

想定していた以上の活躍を見せてくれています!

水漏れのリスクについて洗濯機設置業者さんに聞いてみた

排水管からの水漏れ

我が家は2階に洗濯機を置いて使うので、水漏れのことを心配して「洗濯機パンを付けなかったことを後悔した」という面もありました。
※実際に使い始める前の後悔です

なので、洗濯機の設置業者さんに水漏れのことはしつこく聞いてみました。

すると、

排水管からの水漏れについては、ほとんど心配ないですよ

洗濯機の設置業者

という答えが返ってきました。

設置業者さんによってシッカリと設置された場合は、そこからの水漏れの可能性はほとんどないみたいです。

業者さんにそう言ってもらえたことで、「水漏れについての心配」や「洗濯機パンを付けなかったモヤモヤ」が一気になくなりました

さらに一条工務店の洗濯機用の水栓はホースが外れると止まるタイプです。

水漏れ防止水栓

なので、上側の水漏れリスクである、水栓からの水漏れについても一定の安心感を持てます。

最後にまとめると、

  • かさ上げ台で十分(洗濯機パンは不要)
  • 水漏れのリスクもそこまで心配する必要はない
ということが実体験を持ってわかったので、最終的には「洗濯機パンは付けなくて良かった!」という結論になっています!